【港区130㎡ 70万】インスタ女王・渡辺直美が高級自宅タワーマンションを初公開【画像あり】

今、日本国内にとどまらず世界中のファンから絶大の人気を誇るインスタの女王・渡辺直美。

番組では「寝付けない女」として自宅を初公開し、そこでのおかしなナイトライフも明らかとなっています。

まずは概要から。

場所は東京タワーがある港区。

超一等地で130㎡2LDKという広さ。

高級不動産に精通している徳井によると優に家賃70万円は超えているだろうと。

リビング23帖。他の部屋は8帖、10帖ほどだそうです。

トイレの広さにもこだわりあり。

そうでないとガンガン当たって血まみれになるそうです(笑)

半年ほど前に引っ越していますが未だにカーテンなしの生活です。

そもそも収納、インテリア的ものに対して全くの未頓着でテレビはダンボール直置き。

渡辺直美:家具に対して全く感情がない!

では衣服はどうしているのかというと、この通りダンボールに放りっぱなしです。

では、スタッフが直接自宅に伺ってみました。

玄関にはカラフルなお気に入りの絵や小物があります。

こちらのピンクな置物はイタリアミラノで買った花瓶。

もともと漫画家志望で絵が大好き。

厚底の靴が好き。

これはグッチ。

とてもお気に入りの靴なんですが転ばないようにと歩かなければならないため、膝に負担が大きく今履くのはNGにしているそうです。

これがこだわりの広いトイレ。

ウォシュレットはしない派。

トイレットペーパーで念入りに拭きます。

そしてここが自慢のリビング。

東京タワーが真正面。

東京の夜景が一望できます。

ここから渡辺直美の深夜の生態をチェック。

深夜0:30。

定位置であるリビングの中央にどかっと鎮座。

寝るとき以外は基本的にここから動かないそうです。

ちなみに寝室はなく後ろに置いたマットレスで寝ます。

130㎡もあるマンションなのに実質の生活スペースは4帖となっています。

とここでおもむろに立ち上がり

GACKTの「Vanilla」を口ずさむ。

この曲は昔から頭から離れない曲、フレーズでなにかあると至る所で歌っています。

確かに頭に残る。

癖になる。

ちょっと立ち上がったところリモコンを踏んづける。

そしてリモコン壊れる。

まるで怪獣のよう。

深夜1:00。

寝れない渡辺直美はインスタライブを始めます。

視聴者3万人以上。

外国人からも大量のメッセージが入ってきています。

最終的には4万人以上の人が見ていました。

深夜2:00 入浴タイム。

ピンクのバスローブにナイトキャップで帰ってきました。

深夜2:50。

全身にオイルを塗りウォーキングデッドを鑑賞開始。

ここでスタジオ。

風呂上がりでアイスを食べたい時はこうやっています。

amazon prime now。

24時間注文可能。

配送料890円払うと1時間以内に自宅に届けてくれるというもの。

これは2,500円以上から注文可能なので小さいハーゲンダッツ1個食べたいためにこれだけのドリンクを注文しています。

お風呂前に注文して。

ちょうど届く。

デリバリーのひとには渡辺直美とは分からないように隙間だけでやり取りとのことですが、風呂上がりだけでなく家では常に全裸の渡辺直美。

その強烈な姿を見たらデリバリーのひとは2重にショックを受けちゃうでしょうね。